成人矯正治療および小児矯正治療の治療用語説明『キシリトール』とは?

東京都認定顎変形症保険適用医療機関 〒197-0804
東京都あきる野市秋川2-7-5 ソレーユK・2F
都指定自立支援(育成・更生)機関
成人および小児矯正歯科のピュア矯正歯科室
フリーダイヤル0120-60-1877
Pure Orthodontic Office TEL:042-550-1877
成人(大人)・小児(子供)矯正歯科のピュア矯正歯科室トップページ
矯正治療の流れ
ピュア矯正歯科室18の特徴
クリニック紹介
患者様の声(成人矯正歯科および小児矯正歯科)
アクセス

ピュア矯正歯科室では只今スタッ フ(アルバイト・常勤)を募集し ております。
職種 歯科衛生士(新卒可)、
   受付兼助手



お問い合わせ先 ピュア矯正歯科室
TEL 0120-60-1877
東京都あきる野市 秋川2-7-5
ソレーユK・2F


所属学会および研究会
 
顎変形賞手術灯紹介先病院
小手術紹介先病院
関連企業
のHPをご覧になるにはフラッシュプレイヤーが必要です。

このサイトをご覧になるには、Flash Player Ver.5以上が必要です。お持ちでない方は上のアイコンをクリックしてプラグインをダウンロードしてください。
用語説明

キシリトールとは?

キシリトールは天然素材の甘味料で、シラカバやカシを原料におもにフィンランドで生産されています。私たちの身近なところでは、イチゴやラズベリー等の果物やレタスやホウレンソウ 、カリフラワー等の野菜などに含まれています。また体内でも肝臓で1日に5〜15g 生産されています。その安全性はWHO(世界保健機構)でも認められており、とても安全な甘味料だといえます。砂糖と較べて、カロリーは25%も低く糖度はかわりません。
 
虫歯予防の効果

砂糖の場合、糖をミュータンス菌が分解し発酵させて酸をつくりだします。その酸によって歯のエナメル質が溶かされて虫歯ができてしまいます。
一方キシリトールの場合は、ミュータンス菌によって発酵せず、虫歯のもととなる酸が発生しません。しかもミュータンス菌は菌体内にキシリトールを取り込むことで、エネルギーを消耗して活性が弱まります。さらにキシリトールを長期にわたって使用することで、ミュータンス菌の繁殖が弱まって砂糖からも酸を生産できなくなるのです。  

再石灰化作用
毎日私たちの口の中では、食事やおやつなどにより発生した酸を唾液の働きによって中和し、溶けたエナメル質を再石灰化するということが行われています。しかし酸の発生する量と回数が増えると、再石灰化が追いつかずに虫歯になってしまうのです。(唾液の働きは人によってさまざまで、分泌がよい人や酸を中和する能力の高い人もいれば、そうでない人もいます)
しかし、キシリトールは唾液の分泌を刺激し、中和を促進させます。そして唾液中のカルシウムがエナメル質と結び付く再石灰化を活発にします。

<<戻る

矯正治療用語説明01:自立支援医療(育成・更生医療)機関とは?
矯正治療用語説明02:顎口腔機能診断施設の指定医療機関(顎変形症保険適用医療機関)とは?
矯正治療用語説明03:口蓋裂とは?
矯正治療用語説明04:ダウン症とは?
矯正治療用語説明05:顎変形症とは?
矯正治療用語説明06:顎矯正手術とは?
矯正治療用語説明07:レーザーとは?
矯正治療用語説明08:キシリトールとは
矯正治療用語説明09:フッ素とは


成人・小児矯正治療のピュア矯正歯科室 矯正用語説明06